国際結婚相談 Harmony会員_2 レポート

国際結婚相談 Harmony会員_2が、チェコ女性との真剣な国際結婚までの軌跡を綴る、お見合い渡航レポート!現地情報も豊富です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「プラハ解放」その1

プラハの美しい建築や歴史のある街並みを見て思うのは、ヨーロッパの大国あるいは戦勝国の意思一つでどうにでもなってしまうボーダー(国境線)の持つ意味合いです。 10世紀にヴァーツラフ1世(在位921?929年)が最初のチェコ王になってから、14世紀(1346年)カレル4世がボヘミア王として即位します。 翌年神聖ローマ皇帝に選出され、1620年ヒーラー・ホラの戦いでチェコ軍が壊滅し、1627年ハプスブルク家の属領になり以後オーストリアハンガリー2重帝国として300年近く支配され、1918年第1次世界大戦の2重帝国の敗戦により、マサリクがワシントンでチェコスロバキアの独立を宣言。 20年間の独立を保つも、1938年3月15日ヒトラーによりドイツ陸軍がプラハに進駐、無血開城したプラハ城にヒトラーが降り立ちます。 私たちが見たように、カレル橋や赤レンガの連なる旧市街を見渡したのでしょう。 21世紀の今日まで何回ボーダーラインが変わったのでしょうか? 島国でありかつ戦後のアメリカによる占領政策を受けたのみの日本とは、歴史が違います。 民族の自立を思う意思はチェコ人やスロバキア人(西スラブ民族)に限らず、先祖から引き継がれたDNAに受け継がれていて現在の彼らがあります。 大国に翻弄されてきた歴史を振り返りると、街並み一つを見ても「民族の重み」を感じさせられます。 


0018



FC2ブログランキングに参加しました。
参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

チェコ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「プラハ解放」その2 | HOME | 「メトロとトラム」その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。