国際結婚相談 Harmony会員_2 レポート

国際結婚相談 Harmony会員_2が、チェコ女性との真剣な国際結婚までの軌跡を綴る、お見合い渡航レポート!現地情報も豊富です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ブルタヴァ(モルダウ)川の永遠の流れ」その1

チェコを代表する音楽家と言えば、アントニン・ドボジャークとべドルジバ・スメタナの2人が挙げられます。
中でもプラハ市内を流れるブルタヴァ川と聞けばスメタナが真っ先に思い出されるでしょう。
日本でも人気の高い「我が祖国」はスメタナが、音楽学校の講師の職や各地での演奏活動を辞して書き上げた壮大なる交響詩です。
脳梅毒の影響で難聴の病気が発症し始めた、45歳くらいから全く聞こえなくなる50歳までに6曲からなる組曲を弟子を使って完成させました。
スメタナ本人は完成後の組曲を自分の耳で聞く事はかなわなかったのですが、チェコ民族のアイデンティティとも言えるこれらの曲を耳が聞こえずに作曲した執念は、自分たちのルーツが過去から未来に、永遠に続く想いをブルタヴァ川に込めた祈りとチェコ民族の不屈の闘志を表しています。
我が祖国」は以下の組曲になります。
?ヴィシェフラド
 歴代のボヘミア国王の居城で旧プラハ城とも言われます。7世紀の伝説の王妃リブシェが住んでいて、彼女は後世のプラハ繁栄を予言したとされ、歴代王の住んだ城を描いた曲です。
?ブルタヴァ
 「我が祖国」といえば14分からなるこの曲を指します。ボヘミア中央山地から湧き出る源流が山野を流れ大河となってプラハ市内に流れ込む様子を描いています。
?シャールカ
 中世の伝説に登場する勇女のことです。恋人に裏切られた彼女は、復讐のため男の兵士たちを策略にはめて殺してしまうという様子を描いています。
?ボヘミアの牧場と森から
 牧歌的なボヘミア地方の風景を描いています。
?ターボル
 プラハから南東に約80キロ離れたボヘミア南部の町。15世紀のフス派(プロテスタント)の人々の拠点であり、堅固な城塞都市。500年に及ぶオーストリア(ハプスブルク家)・ハンガリー帝国の支配を受け続けたチェコ民族にとっては独立のシンボルと言え、それらの様子を描いています。ここは1420年ハプスブルク家の傭兵部隊を破った隻眼の英雄、ヤン・ジシカの生誕地でもあります。
?ブラニーク
 ボヘミア中央の山の名前。この地には1000年以上前からチェコ民族の守護聖人と勇士達が眠っていて、民族の危機には彼らが地底から蘇って救いの手を差し伸べるという伝説があり、この曲は邪悪に覆われた祖国を彼らが解放する様子を描いています。

0027

東欧 中欧 ロシア カザフスタン 出会い 恋愛 国際結婚 Harmony会員_2

FC2ブログランキングに参加しました。
参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

チェコ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ブルタヴァ(モルダウ)川の永遠の流れ」その2 | HOME | おまけ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。