国際結婚相談 Harmony会員_2 レポート

国際結婚相談 Harmony会員_2が、チェコ女性との真剣な国際結婚までの軌跡を綴る、お見合い渡航レポート!現地情報も豊富です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「プラハ交際リポート」その1

実際の日付けを入れて、日誌風に書いて見ました。

9月12日(水)
日本に帰国してから、早速彼女に電話をしました。
繋がってから直ぐにチェコ語のメッセージが流れます。
その後、英語で「この電話は現在使えない状態です、後でかけ直してください」
というあっけない程簡単なメッセージが流れます。
彼女の電話には留守録機能は付いてないようです。
電話を切った後、メールで「プラハ滞在中は楽しかった」「また色々な話をしたい」
という内容を送りました。
当然ながら「2,3日中に電話をするから」という事も付け加えておきました。

9月15日(土)
時間帯を見計らって、(プラハ時間で夕方6時)電話をしました。
今度は着信音が聞こえます。しかし一向に出る気配が無い感じです。
2回ほど掛けてみて同じ状態なので、電話を切りました。
日本時間は午前1時を過ぎています。
明日掛けなおす事で終了します。

9月16日(日)
今日はプラハ時間の午後3時に電話をします。
2,3回の着信音の後、今度は繋がりました。チェコ語で「もしもし」と彼女の声が聞こえます。
「ハロー 元気にしてた?」と私が話すと、
弾んだ声で「私は元気よ!あなたは?」
「元気だよ、日本はまだまだ暑いね。日中は30度近い近い気温だよ」
「実は帰国の翌日、電話を掛けたが繋がらなかった。昨日も電話をしたけど
繋がらず、また3日前にメールを送っておいたよ」と言うと、
「ごめんなさい、あ、着信があったわ」
「今日はプラハに戻ったばかりなの。昨日まで実家(スロバキアのコシツエ)にいたのよ」と彼女。
(彼女はプラハに住むスロバキア人です。コシツエは旧ハンガリー王国の古都)
メールの事を伝えると、まだ見ていないとの事です。
「後で見て、返事のメールを送ってね」と言うと
「分かったわ」と彼女。
話ができて安心しました。
現在彼女はカレル大学に通いながらパート・タイムで求職活動中だそうです。
(カレル大学の秋のセメスターは来週から始まるため今は夏休み)

0030

東欧 中欧 ロシア カザフスタン 出会い 恋愛 国際結婚 Harmony会員_2

FC2ブログランキングに参加しました。
参考になりましたら、ポチっと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

チェコ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「プラハ交際リポート」その2 | HOME | 「ブルタヴァ(モルダウ)川の永遠の流れ」その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。